10代、20代を中心とした「YOUTH PRIDE JAPAN」発足のお知らせ

NPO法人 東京レインボープライド(以下「TRP」)は、この度、10代、20代のTRPボランティアのメンバーを中心に「YOUTH PRIDE JAPAN」を発足いたします。

【発足の背景】
これまで、私たちは「可視化」「場づくり」「課題の解消」をミッションに、年に1度のプライドパレード&フェスティバル(東京レインボープライド)の開催、教育・社会啓発活動、LGBTQに関する情報発信など、LGBTQに限らず誰もが笑顔で暮らせる社会の実現を目指して活動してまいりました。

その中で、TRP2019の「ユース&ファミリー」イベントの開催を機に、TRP2020では10代、20代のボランティアスタッフでユースイベントを計画するなど、若い世代を中心とした場づくりにも力を入れておりました。残念ながらTRP2020は、新型コロナウイルスの影響でイベントが中止となりましたが、改めて、若い世代が考える「自分らしさ」や多種多様な価値観に触れて、彼らのリアルな声を発信していことが同世代の悩みや課題の解消になり、様々な世代の声を届けることが個性を認め合う社会への実現であると考え、「YOUTH PRIDE JAPAN」を立ち上げました。

YouTubeの「#TRPチャンネル」にて、YOUTH PRIDE JAPANメンバーがLGBTQに関する話題をポジティブに発信していきます。


10代、20代がLGBTQについてホンネを語る!【TRPチャンネル#25】

URL:https://youtu.be/VSqWWqHGRJU

初回は、自分のアイデンティティや学校生活、恋バナなど、日常生活の中で感じている#あるある #モヤモヤ をみんなで話し合いました。
・友だちとの会話で恋バナになった時。
・バイト先のおじさんおばさんに「彼氏(異性の恋人)いるの?」と聞かれた時。
・学校の授業で男女分けされた時。
・お父さんがLGBTQのことをSMTLと間違って覚えていた時。